【同一労働同一賃金】ワークショップのご案内

「パート・有期雇用労働法」に対応するための「同一労働同一賃金ワークショップ」を県内各地で開始します。          

令和3年4月1日から中小企業にも「パート・有期雇用労働法」が適用され、同法により、                 正社員と非正規雇用労働者との間の不合理な待遇の違いが禁止となり、待遇の違いやその理由について労働者に対する説明義務等が生じます。
ワークショップは少人数制(おおむね1社から3社)で、専門家が具体的な取組手順を解説しながら個別の相談にも応じる説明会です。

正社員とパート・有期雇用労働者との待遇(賃金・賞与・各種手当等)の違いを客観的・合理的に説明できるようにするための準備を進めましょう。

申し込み・詳細は下記の開催スケジュールをご確認ください。                                      【同一労働同一賃金】ワークショップ開催スケジュール

(参加費用・相談等すべて無料です)